インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」に使われている先端技術「ブロックチェーン」を活用して沖縄独自の仮想通貨「琉球コイン(仮称)」をつくり、流通させる構想が県内外の企業や金融機関の間で検討されています。

取引所を設置し、世界中で利用が広がるビットコインや円、ドルとの換金を可能にする予定。
また店舗などで決済に使える環境を整える。独自の仮想通貨圏をつくって世界中から投資を呼び込み、経済活性化につなげる狙いがある。
構想では県内の主要企業が出資し、取引所を名護市の経済金融活性化特別地区に開設する計画だ。

「琉球コイン」はインターネット上でビットコインのほか円やドルなどと換金でき、口座の入った携帯端末から買い物時の決済などに使える仕組みをつくろうとしています。

もしこの琉球コインが実際に誕生すれば日本で暗号通貨が一気に普及することも考えられ、またその裾野も広がることが考えれるので、要注目です!